blog

食感にこだわって擬音を名前につけました。

次のシリーズ化は、
クレープブリュレチョコザックチョコレートです。

デビューは本店近くの富山大和のバレンタイン催事出店時。

ショコラの祭典でした。

チョコのフレーバーがなかったので
このタイミングで登場。
ザックの意味は
歯ごたえや食感を、

どうしても擬音的に
名前に使いたかったです。
このクレープブリュレは、

シリーズの中でも甘いです。
ただ、甘いのではなく、

本来はとろりとした特製バニラカスタードに
ちょうどよくバランスを考えて、

食感を仕込んでみたかった。

 

 

 

 

私のクレーピエアシスタントが、全国100人以上います。

「日本のクレープの頂点へ」クレーピエkei hasegawa